不払いがあった時


女性夫婦が離婚する時には慰謝料の支払いなどをしっかりと取り決めて離婚したにもかかわらず、離婚が成立した後には払いがストップすることがあります。基本的に慰謝料の支払いなどがあるというケースでは取り決めた内容を公正証書に残すのが基本ですので忘れないようにしましょう。公正証書がなければ強制執行力を持つ書類が一つもありませんので差し押さえをしたり、何とかして慰謝料を支払ってもらうように物事を進めることができなくなってしまいます。

調停や審判、裁判の場合には公正証書が残りますが協議離婚の場合には、自分たちで協議調書を作らなければなりません。慰謝料の支払いについてなどもしっかりとパートナーと話し合った後、弁護士さんなどを頼って公正証書を作りましょう。公正証書があれば慰謝料の不払いが発生した際にも履行勧告や命令、さらには最終的に強制執行を行い、相手の給与を差し押さえて慰謝料を支払ってもらうことができます。

ただし支払う側が病気で入院していると言った場合や仕事を失ってしまい、収入そのものがないといった状況の中では慰謝料の支払いは一時的にストップしてしまうものですから、致し方がないと諦めるしかありません。こうしたトラブルを避けるためにもできるだけ慰謝料は一括での支払いをお願いした方が良いでしょう。