慰謝料と理由


頭抱える離婚が決まった際にパートだからたくさんの慰謝料を取ってやろうと考えていても、実際には離婚する理由によって慰謝料の支払いがないと言われてしまうケースもあります。離婚する際に慰謝料が発生するのは、いくつかの理由に該当するときのみとなっており、その理由には、不貞行為やDVなどの暴力行為、このほかには悪意の遺棄が含まれてきます。これ以外の理由に関しては、一般的に慰謝料が発生するものではなく例えば、パートナーとの話し合いの中でパートナーが慰謝料を支払いたくないと言うことを理由に裁判を起こしても、請求が認められるものではありません。

あくまでも前述した三つの理由に関しては婚姻生活の中で、もう一方のパートナーが精神的な苦痛を非常に多く味わっており、その結果離婚に至ったとして原因を作った配偶者側に慰謝料の支払い命令が行われるものとなっています。それ以外の理由に関しては、離婚に至った原因について、夫婦それぞれに理由があると判断されるため、慰謝料の支払いはありません。とはいえ、実際に離婚を決定してから慰謝料の請求権がないということを知り離婚を取り消そうと思っても簡単なものではありません。仮に不貞行為や暴力行為等があった場合には、その証拠をしっかりと残しておくことによって慰謝料も請求しやすくなるでしょう。

参照サイト⇒小原法律特許事務所